マインド

引き寄せの法則とは?本当の引き寄せの法則についてわかりやすく解説!

こんにちは!トモカズです。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

皆さんは「引き寄せの法則」という言葉を聞いたことはありますか?

書籍などにもタイトルになっていることが多いので聞いたことはあるという人は

多いと思います。

ですが、「根拠もないのに胡散臭い」と思っている人もいるんじゃないでしょうか?

今回は、その「引き寄せの法則」とは一体どのようなものなのか解説していきたいと

思います。

引き寄せの法則とは?

引き寄せの法則とはシンプルに言いますと、いいことを思えば良いことが引き寄せられ、

また悪いことを考えれば悪いことが引き寄せられるというモノです。

じゃあ、お金や物欲などの欲求などなんでもかんでも引き寄せてくれるとでも

いうのでしょうか?そんな都合のいい法則が本当に存在するのでしょうか?

意外と身近で起こっている

引き寄せの法則という言葉以外にも日本で古くから言われている近い言葉が

いくつかあります。

それは、「類は友を呼ぶ」

気の合う者や似通った者同士は自然に集まって仲間を作るもの。

「笑う門には福来る」

いつも笑いが溢れている家には自然に幸運がやってくる。

「泣きっ面に蜂」

困っている状況や悲惨な状況には更に困りごとや不幸が舞い込んでくる事。

「人を呪わば穴二つ」

他人を呪って墓穴を掘るものは、その報いで自分のための墓穴も掘らなければ

いけなくなる。

「噂をすれば影がさす」

人の噂をしていると他ならぬ当人が現れること。

など、普段の生活でも普通に起こるようなことが正体なのであり、

何ら法則などという難しいものではありません。

科学的な見地

①カラーバス効果

カラーバス(Color bath)は色を浴びるという意味で、外出する前に特定の色を想像し、

外に出歩いてみます。

すると、その想像した色のモノばかり目に付くようになってしまうのです。

まるで飛び込んで来る様に、普段は気にも留めないどんな小さな所にもその色が

使われていることに気付いてしまうのです。

これは色でなくても出来ることで、特定の自動車の車種や特定のナンバーなどを

探していると意外と見つけることが出来るという経験あるんじゃないでしょうか?

これは強く意識したモノや事を脳が勝手に探してしまうという心理で、

引き寄せの法則の一種だそうです。

②RAS(網様体賦活系)

脳にあるRASという神経組織は情報のフィルターの役割をしており、

五感で感じとる情報を全部拾ってしまうと、脳はパンクしてしまいますのでそれを

防ぐためにRASが情報の取捨選択をします。

例えば、たくさんの人がいてたくさんの人が同時に喋っているレストランの様な場所では、

全員の会話の内容を理解できる人は殆どいません。

隣の人の会話だけを聞き取れたり、少し離れた人達の会話を聞き取れたりすることは

できますよね?

また、たくさんの人がいる人混みの中から友達の顔など良く知った人の顔であればすぐに

見つけられるはずです。

意識しようとしたものだけが情報として入ってくる点で言えば引き寄せの法則とかなり

似ていると言えます。

何故引き寄せの法則を上手くできないのか

引き寄せの法則で実際に自分に良いことを引き寄せられる人は多くありません。

では何故上手くいかないのかというと、

「具体的ではなく漠然と思っているだけだから」です。

多くの人は「お金欲しい」「彼氏・彼女欲しい」「金持ちと結婚したい」など

思っていることが漠然としています。

引き寄せの法則を成功させる方法

目標・ビジョンを明確にすること

目標やビジョンを達成するにはRASを効果的に働かせることが大切になります。

ゴールを思い描くことでRASが働き、引き寄せたい結果に対して必要なことや気付きを

与えてくれます。

なりたい自分、望んでいる状態、素晴らしい人生全てを人に説明できるくらい具体的に

描き、毎日イメージし、「自分にならできて当たり前」などプラスの方向に

持っていくことでRASが可能性を切り開いてくれます。

意図

最終目標を思い描くことはとても大切なことです。

しかし、ゴールまでの道のりをどのように過ごすか、何を経験したいのか、という

「意図」を設定することが大事です。

意図を設定したら、その通り体験しているイメージをすることが大事です。

意図を設定している人と設定していない人とでは出来事、引き寄せる結果が不思議と

変わってくるのです。

気分、考え方、感情、態度などの精神状態

精神状態が不安定な時は、否定的な考え方になったり、何をしても悪い結果に

転んでしまったりと、マイナスの方向へ引き寄せてしまうことがあると思います。

逆に精神状態が良い時は何もかも上手くいくと感じます。

どのような精神状態で生きるかによって、RASの働きを変えるのです。

良い精神状態を作るには、「人に感謝する」「喜びや温かみを感じる」ことが大事で、

特に感謝の気持ちを持つことは免疫力を高めてくれることも分かっているので、

良い方向へ引き寄せるのにもっとも効果を発揮します。

能力・行動

例えゴール設定をしても、それに見合った能力と行動が足りていない場合は、

残念ながら結果を引き寄せることができないので、望んでいる結果に相応強い能力を

身につけて行動しましょう。

また、行動には一貫性が大切で、質の高いパフォーマンスを常に発揮する必要があり、

それをできなければゴールに向かうことができません。

フィールド(場)

今まで以上にいい結果が出ている時などは、引き寄せの法則がうまく機能していると

いうことで、フィールドが整っているのです。

フィールドが整っているというのは、これまでの引き寄せの法則を成功させる方法を

実践し、習慣化できている証拠です。

引き寄せの法則の欠陥

多くの人は、引き寄せの法則を「何も具体的な行動をしなくても思い浮かべるだけで

何もかも引き寄せられる」と勘違いをさせてしまったことです。

やはり思い浮かべているだけではダメで、しっかりと具体的なビジョンを持ち

行動しなければ何も変えられません。

最後に

いかがでしたか?

「引き寄せの法則」という言葉はとても都合良く聞こえ、勘違いさせることも

多いようです。

何もせず何でも自分の都合のいいように働くようなものではないという事を

理解してください。

引き寄せの法則を悪用した怪しいセミナーのようなものも存在するみたいなので、

あまりにもスピリチュアルじみた事を言っている人は避けた方がいいかもしれません。

自分を信じて努力して、良い事を引き寄せられると良いですね。

 

日給1万円以上稼ぐFX自動売買システムを期間限定でプレセント中→*詳細はこちら*