ファンダメンタルズ分析

FXにおけるファンダメンタルズ分析とは?わかりやすく解説!

こんにちは!トモカズです。

皆さんはファンダメンタルズ分析について考えたことはありますでしょうか?

FX取引の分析には基本的に「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の

2つがあります。

今回はファンダメンタルズ分析について基本的な事を書いていきたいと思います。

是非、最後までご覧ください。

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは、チャートの価格変動を見て取引するテクニカル分析とは

異なり、チャートを頼りにするのではなく、世界情勢、要人発言、国の財政状況、

経済や金利状況などを基に取引します。

経済の流れを見て、将来通貨ペアのどちらの通貨が高くなり、どちらの通貨が安くなるのか

を見極め、相場の流れを把握しながら分析を始めていきます。

相場を毎日分析し、数日前や一週間前などの期間中に注目されている材料の見通しを

立て、自分でシナリオを描いて予想していきます。

しかし、それらの経済や発言などの影響力など、世界の動向がFXや株式にどのように

影響するかの予想はとても難しいので、ファンダメンタルズ分析はテクニカル分析よりも

難易度が高いと言えます。

ファンダメンタルズの影響力の強さ

難易度の高い分析と言いましたが、市場におけるファンダメンタルズ分析の影響力は

テクニカル分析の比じゃありません。

世界中に大きな影響を与えたリーマンショックやスイスフランショックの時には、

ドルやスイスフランが大暴落したので、多くの人が「売り」に出しました。

その結果、経済は大暴落したのにも関わらず株やFXのトレーダーはそれがきっかけで

破産してしまった人や億万長者になった人もいます。

大きな経済の動きを見て判断を間違えなければ多くの富を得ることも可能です。

逆に大きな経済動向を知らずに取引をし、判断を誤ってしまうと大損してしまう

可能性もあるということです。

株とFXにおけるファンダメンタルズ分析の違い

株とFXでは実は少しだけファンダメンタルズ分析の解釈が違います。

「株」で言われるファンダメンタルズ分析とは、主に企業の業績や財務状況などからその

企業の株が割安か、割高かといったことを判断し、その企業が今後どれだけ成長していく

可能性があるのかといったことを含みにして投資を行います。

これに対して「FX」でいうファンダメンタルズ分析は、ある一国の経済状況だけを分析

するのではなく、「相対的な通貨価値の変動」を見ることが重要なのです。

株とFXの大きく違う点の一つは、株は一つの企業の株だけを取引しますが、FXの場合は

必ず二国間における「通貨ペア」で取引をするので相対的な価値の変動を分析することが

重要になってくるのです。

ファンダメンタルズの重要な要素

米雇用統計

米雇用統計とは、雇用の状況からアメリカの景気を推測する指標です。

アメリカ労働省が毎月第一金曜日に公開する数字(例外あり)で、

月初に公開されることなどからその月のトレンドに大きな影響を与える数値となります。

キングオブ経済指標とも呼ばれるほどお祭り騒ぎになるビッグイベントになると

言われています。

ドル高円安かドル安円高どちらに転んだとしても1円(100pips)の変動することもあり、

ほかの経済指標の発表ではここまで大きな変動をもたらすことはありません。

なので多くのトレーダーにとっては大きな利益を生むまたとないチャンスです。

誤った判断をしてしまえば損失額が大きくなってしまいますが、一瞬で何百万という

利益を生み出す人もいます。

米雇用統計は通常日本時間で22:30に発表されます。

サマータイムの時には21:30に発表されます。

GDP(国内総生産)

GDPは一国の経済状況を見るには最も適している数字だと言えます。

GDPはほとんどの国で年に数回に分けて発表されます。

1回目の発表を「速報値」、速報値発表から約1ヶ月後に2回目の「改定値」、

改定値発表から1ヶ月後に3回目の発表を「確報値」をします。

「速報値」と「確報値」の2回の発表をする国もあります。

その中で最も注目されるのが最初の発表の「速報値」で、発表後に変動幅が

大きくなります。

また、改定値や確報値でも事前予想と大きく違う結果になれば、それによってまた

為替相場が動くこともあります。

Ifo景況指数

約7,000社のドイツ企業を対象として、現況と今後6カ月の先行きに対して

アンケート調査したものです。

2000年を100として、現況と先行きを加重平均した指数を翌月下旬に発表します。

生産・在庫・受注・価格・雇用の4項目があり、ヨーロッパ最大の経済規模の

ドイツの景気の先行きを示す経済指標として最も注目されています。

ZEW景況感指数

ドイツの景況感についての調査結果であり、今後6カ月の景気見通しについて、

アナリストや機関投資家、市場関係者など約350人を対象に行ったアンケート調査を基に

算出した指数を翌月中旬に発表されるものです。

Ifoよりも1週間発表が早いので、Ifo指数を予想するという理由で注目する人もいます。

ファンダメンタルズ分析のメリット・デメリット

まずメリットは、重要な経済指標の発表に対して事前準備ができるということです。

例えば、米雇用統計があることを知ってると知らないとでは急に価格変動が起きた時に

慌てて対応しなくてはいけなくなります。

また、中期的な未来を予測しやすいというメリットもあります。

テクニカル分析はすぐ先の未来を予想して取引しますが、ファンダメンタルズ分析を

知っておくと「しばらくは円安(円高)になりそうだな。」などの予想を

立てやすくなります。

テクニカル分析だけではできないトレードが行えるので、リスク回避にもなります。

デメリットは、発表時間が決まっている経済指標以外の発表は大体ニュースになってから

知ることになるので既に為替が動いてしまっていることが殆どです。

あとは、経済指標やニュースは人間を介しているのでどうしても主観が入ってしまいます。

チャートとは違うので全ての情報が正確とは限らないということです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

これまでテクニカル分析だけをして取引をしている方は多くいらっしゃると思います。

また、ファンダメンタルズ分析の方が相性がいい人もいるかもしれません。

テクニカル要素だけでなく是非ファンダメンタルズ分析も取り入れてFXトレードに

生かしてみてはいかがでしょうか。

【期間限定】私から無料提供できる高性能FX自動売買システム

世の中には偽物の情報や商品が多くありますが、価値の高い本物も存在します。

私がおすすめするのは、忙しい会社員や主婦の方でも、時間を使わずにできる

FX自動売買システムによるFX投資です。

設定さえしてしまえば、24時間自動で稼働して放置していても利益を上げていきます。

資産を自動で増やしていく事ができるのです。

自分が遊んでいる時や寝ている時でも自動で資産が増えていきます。

信じられないかもしれませんが、これは本当です。

現在、私から期間限定で高性能FX自動売買システムを無料で提供しています。

本当に稼げる本物のFX自動売買システムになります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
短期間で爆発的な利益増加が可能!最新FX自動売買システム「ウルフシステム」誕生【限定企画】どうもこんにちは!トモカズです。 無料で利用できるFX自動売買ツールは世に数多く存在しますが、 その中でも、一定以上利益をあ...

限定特典も付いています。

期間限定になりますので興味のある方は私のLINE@よりご連絡ください。

その際に、「お名前」と「ウルフシステム希望」とメッセージを送ってください。

こちらから登録できます。

友だち追加

QRコードはこちらからどうぞ

数に限りがありますのでお早めにご連絡ください。
(無料モニター期間が終了したら募集は停止します)

圧倒的な勝率を誇るバイナリーオプション自動売買システムはこちら!

日給7万円も可能!

詳細はこちら

 

 

日給1万円以上稼ぐFX自動売買システムを期間限定でプレセント中→*詳細はこちら*